自動車にかかるコスト

コストの節約方法

自動車税はどのような仕組みでかかる?

自動車税は都道府県が課税する地方税になります。この地方税についての根拠となる法令は地方税法になります。おおまかな課税に関してはこの法律で定められていますが、それ以外で地域独自に条例などを設けて減額の制度などを設けているところもあります。
たとえば大雨や台風などの自然災害で自動車が浸水し、エンジンに泥が入ってしまった場合などは基本的に自動車は動かなくなります。しかしながら、所有権を留保されている場合特にローンで購入して残債が残っている場合などは自動車会社などは一般的に所有権を解除してくれませんので、陸運局での抹消登録ができない場合があります。それでも災害にあって乗れなくて困っている人にまで課税をするのは酷であるという判断から地方独自の条例などで減免の制度を入れているところもあります。
課税については、毎年4月1日現在の所有者にその1年間分を課税するとなっていますので、車検証上の所有者に課税されます。例外があって、自動車をローンで購入した場合は所有権をローン会社や自動車会社が持つこともあるので、その場合は使用者を所有者と見なして課税することになります。それ以外は基本的には所有者に課税されます。

コメントを受け付けておりません。