自動車にかかるコスト

コストの節約方法

自動車の購入にかかる諸費用の種類

自動車を新規で購入する場合は、車体の本体の価格以外にも税金や諸費用が発生します。
まずは税金から解説します。
自動車税、自動車取得税、自動車重量税、消費税があります。
自動車税は毎年度4月に支払う税金で、年度の途中で車を購入した場合は、月で割って納入します。
自動車取得税は、新規で自動車を購入する時に納入します。
自動車重量税は、新規で自動車を購入した時と車検の時に支払う税金です。
最後の消費税は本体価格やオプション価格、手続き費用に対して10%課せられます。
次に税金以外にか買う費用について解説します。
まずは自賠責保険です。
強制的に加入しなければ自動車を購入しナンバーを登録するには必要な保険になります。
また、ナンバーを登録するための登録費用や車庫証明費用が発生します。
次に納車費用です。
近所で購入する場合は発生しませんが自宅まで届けてもらう場合に発生する費用です。
最後に自動車リサイクル料金です。
新車の自動車を購入した場合、買い手が車検の時にも支払う義務があります。
自動車を購入したのちも、維持費として任意の保険や駐車場代ガソリン代やオイル交換、タイヤ交換などメンテナンス費用も発生します。
検討される方は、自動車会社のホームページで見積もりもできるようなのでご覧になってみてください。

コメントを受け付けておりません。