自動車にかかるコスト

コストの節約方法

自動車購入時にこれだけの税金がかかる

自動車を購入する場合4つの税金が課せられます。
一つ目は、自動車取得税です。
新たに自動車を購入する時に支払う地方税になります。
税率は車両取得価額の3%、軽自動車なら2%課税されます。
二つ目は、自動車重量税です。
自家用乗用車として自動車を新たに購入した場合、3年分を先払いします。
これは、自動車の重さに対しての国税になります。
三つ目は、消費税です。
最後は、自動車税または軽自動車税です。
自動車税とは、自動車を所有していることに対して課せられる地方税になります。
自動車の廃棄量によって決められ、新たに自動車を購入する時支払います。
また軽自動車税は市区町村が課税する税で、購入した年度は課税されません。
つまり、自動車を購入する時は自動車本体の価格とオプションをつけた場合の価格とあらゆる諸費用がかかるということです。
また、自動車を維持していくには駐車場代や任意保険や車検などあらゆる維持費が発生します。
安易に自動車はローンを組んだら購入できるという考えてはなく、適切な費用を計画してから購入するといいでしょう。
また、大手会社のホームページでは見積もりをシミュレーションできるサイドもあるので検討されている方は利用してみるといいでしょう。

コメントを受け付けておりません。