自動車にかかるコスト

コストの節約方法

車検時にかかるコストの内容

車検の費用は、国に支払う「法定費用」と整備工場などにお支払いする「点検整備料金」があります。国に支払うものの内訳は(重量税、自賠責保険料金、自動車 検査登録印紙代)です。
重量税は(軽自動車が6,600円、小型乗用車が16,400円、中型乗用車が24,600円、大型乗用車が32,800円)となっています。
自賠責保険料は2年で(軽自動車が26,370円、小型・中型・大型乗用車が各27,840円)となっていますが、離島や沖縄県などは金額が異なります。
印紙代は(車種問わず1,100円)となっています。
また、整備工場にお支払いする内訳は、車の状態によって変わりますが、主に(代行料金、点検料金、取り換えが必要な部品が合った場合はその代金と工賃、各箇所の調整料金など)となっています。
例えば、前の検査は4万円でできた車でも、今回はタイヤのすり減りすぎや、ブレーキパッドの交換など色々な部品交換が必要な場合もありますので、今回の検査も4万円で済むとは限りません。
また、整備工場によって金額が異なりますので、点検の日が近づく前に、あらかじめ数社の整備工場でお見積もりを取るとその金額が妥当がどうかの検討がつきます。

コメントを受け付けておりません。