自動車にかかるコスト

コストの節約方法

車を維持するのに常時かかるコスト

 車を維持するのに常時かかるコストとして大きなものはガソリン代と駐車場代、そしてそれらにかかる税金です。
 まず車種によってレギュラーやハイオク、ディーゼル、最近では電気など種類が違うので何とも言えませんが、車の月々のコストで一番かかかるのが燃料代でとなっています。これを減らすには、普段の運転で低燃費を心掛けたり車に荷物を載せないなどの方法があります。
 ですがそれらの工夫でどうにかなるのはたかが知れており、実用車であればなるべく燃費が良い車を購入する方が良かったりします。
 次に大きなものは駐車場代ですが、これは地域差が大きくあり、田舎であれば家や自分が持っている余ったスペースに置いておくという方法で0円にすることも可能です。都心部の場合は地域の相場という物がありますが、駐車スペースのために引っ越すことが出来る人というのは一部なので、なるべく安くて近い所を探すという方法を取るしかありません。
 最後にこれがやはり一番大きいのですが、税金関係がかかります。
 車自体にも年数万円単位でかかりますし、燃料などにも別に税金がかかります。
 他にかかる大きい物として、任意保険があげられるのですが、これは保険の約款によって変わるので保険会社に相談してみることをお勧めします。

コメントを受け付けておりません。