自動車にかかるコスト

コストの節約方法

維持にかかるコストの種類

自動車を購入するにあたっては、購入後の維持費がかかることを念頭に置きましょう。
その内容は次のとおりです。
まず、自動車を所有するすべての人に課税される自動車税があります。税額は排気量に応じて決まっていて、排気量が多くなるにつれて金額が増えます。なお、軽自動車は軽自動車税として一律7200円が課税されます。
続いて燃料費ですが、おおよその年間走行距離を設定し、燃費と直近の平均ガソリン価格から算出することができます。車に乗って走る分ほどかかるため、節約するには低燃費の車を選ぶといいでしょう。最近では各メーカーから低燃費をうたう車が発表されています。
また、自己所有する車庫や駐車場がない場合は、駐車場代が必要となります。土地の価格に比例しやすく、地方に行くほど安くなり、都市部では高くなります。
自動車保険も、任意で加入するものですが、万が一に備えて加入する人が大部分です。特に重大事故になると高額な損害賠償請求がなされることも少なくありません。保険料金を抑える工夫として、代理店を通さないダイレクト系の保険サービスが割安なことから、人気を集めています。
最後に車検です。車検費用には、自動車重量税、自賠責保険料、継続登録費用、検査整備費用、登録代行費用がかかり、必要に応じて部品代が加算されます。なお、整備点検費用と部品代については整備店によって金額が異なります。インターネットなどで安い整備店を探すとよいでしょう。

コメントを受け付けておりません。