自動車にかかるコスト

コストの節約方法

1台の車の維持にかかるコストの計算シミュレーション

自動車の購入にあたり、注意すべきことは、マンションや家の購入同様、高価な買い物であると同時に、維持していくためにもお金がかかるということです。
必ずかかる費用(たとえ乗らない場合であっても、発生する費用)として、自賠責保険料、車検費用などが発生します。
さらに、ほとんどの方の場合、自動車保険に加入するでしょうし、障害だけでなく車両保険も加入するとその分費用も当然高くなります。
加えて、ガソリン代や駐車場代(月ぎめの場合)といった費用もランニングコストとして発生することとなります。
あと忘れてはならないのが自動車も壊れる可能性がある、ということです。部品交換や、パンク等の修理費用も当然別途想定してストックしておく必要があります。
このように、自動車を維持するためには多くの項目の費用が発生します。
そのため、自動車の本体価格・乗り出し価格だけではなく、維持費用についても考慮したうえで計算シミュレーションを行うことが、余裕のあるカーライフのためには必要です。
ネットでも様々なシミュレーションソフトが掲載されたサイトがありますが、それだけに頼るのではなく、自分のカーライフ・車種を考慮しながらシミュレーションはするようにしましょう。

コメントを受け付けておりません。