自動車にかかるコスト

コストの節約方法

自動車購入から維持にかかるコストの節約方法

自動車を購入する場合、新車にしても中古車にしてもなるべく安く購入したいものです。
購入するのに一番いい時期は、3月・9月の決算時期です。決算時期はどの車販売会社も1台でも多く車を売る努力をしている時期なので、値段の交渉がうまくいきやすいのです。
見積もりを取るときのポイントは、とにかくコーティングやメンテナンスパックなどのオプションをつけてもらいます。そうすることで、後々の値引き額が大きくなるからです。
大まかな値引き限度額は雑誌やネットで調べることができますので、予め、気になる車のディーラーの情報を収集しておきます。
しかし、新車や中古車を購入するとその後も車検代やメンテナンスの費用など、コストがかかります。例えば、中古車の場合は、保障期間が短い場合がよくあり、保障期間が過ぎた後の故障は、実費での修理となります。そんなコストは買い方次第で最小限に抑えることができます。
それが、最近よく知られている新車を全額支払って購入するのではなく、まずはクルマ代の30%~60%を支払うという月々の支払いが安く済むというプランです。2~5年の契約後は、その新車に乗り続けるか、新車に乗り換えるか、その車を売るという選択肢があります。
そのプランのメリットは、新車を購入するのと同様にメーカー保証が長いこととディーラーサポートが付いています。またメンテナンスもパックになっていますので、メンテナンス費用の節約にもなります。